チワワ2匹に病が3つ

ロングコートチワワのショコラとマロン

2匹で3つの大きな病と闘う日々を綴ります

ショコラの病 ~僧帽弁閉鎖不全症~ その3

皆さん、こんばんは。ろみです。(#^.^#)



今日は、僧帽弁閉鎖不全症の手術を受ける前後の記事を書きますね。



ショコラが、2つの病気を抱えた状態で手術に挑む事になったので、
私達がしてあげられるのは、何が何でもショコラの体調を、万全な
状態にしてあげる事…それしかありませんでした。



万が一、術前に肺水腫にでもなってしまったら、手術日が延期になる
恐れがあり、それはショコラにとって命取りになりかねない、それほどまでに
切羽詰った状態でした。



なので、絶対に最高の状態(体調)で手術を受けさせてあげたいとの思いで、
かかりつけの病院に、手術前日まで入院させて頂き、術前検査を含む体調管理を
しっかりやって頂きました。



9月6日 手術前日 かかりつけ病院からの退院日です。
この日は、帰って寝るだけの状態にして頂き退院しましたが、やはり久しぶりの
自宅に帰って普通でいられるわけはありません。



大興奮してしまい、暴れそうになるショコラを必死に止め、何とか
酸素室に押し込みました(T . T)



この時の、酸素室の酸素濃度は、通常より少し高めの40%前後…
それでも息苦しいのか、呼吸をするたびに、前足とか身体が揺れるような
荒い呼吸をしている状態でした。
そんな状態なのに、大暴れして大丈夫だったのか心配していたら…

  少しして、暴れ疲れて寝ちゃいました(^^;)



そして、久しぶりにショコラが帰って来てくれて安心したのか…

  マロンも、着かず離れずの状態で眠り始めました(*´∀`*)



こんな穏やかな時間は、本当に久しぶりでした。
いつまでも、いつまでも、ずっと見ていたい光景でしたね。



でも、そんな穏やかな時間はあっという間に崩されました。
私が、酸素室がある2階から、自室の3階に行って寝ようとした時の事です。



今まで大人しく寝ていたショコラが、突然起き上がり、
大声で叫び始めたのです。
まるで、「お母さん、行かないで!私を一人にしないで!」と
言われているようでした。



ずっと、長いこと入院させていたので寂しかったのだと思います。
その日は、布団を降ろし、酸素室の前に布団を敷いて寝ました。
添い寝ってやつです(^^;)



私が、そばに居ると安心して横たわり始めました。
本当なら、そこで寝るのでしょうが、私は、ショコラに何も言わずに
手術を受けさせる訳にはいかないと思い、酸素室の小窓から手を入れ
ショコラの頭を撫でながら、明日が手術である事。痛いだろうけど
絶対に良くなるから、先生の言う事を聞いて、一緒に頑張ろうね!
と声をかけました。



すると、私の目をジッと見ながら、手を舐めて来たのです。
大丈夫!絶対に大丈夫だよ!!と何度も、何度も話しかけている内、
ようやく眠りにつきました。



そして迎えた9月7日



昼の12時までに病院に到着するよう出かけました。
その際、参考になったものがあります。



今回、ショコラの手術を執刀して下さる、上地先生が書かれた本

これは、非常に参考になりました。
なぜなら、手術前と当日の、家族の接し方が書かれていたからです。



ショコラは、普段、車が大嫌いで騒ぎます。
従って、手術当日も車の中で少し騒ぎ始めました。



でも、先生の本には、「いい子だね」「お利口さんだね」と
優しい笑顔で語りかけてあげて下さいと書かれています。
飼い主が落ち着いて笑顔で送り出した子の手術は、いつも順調に
進みます。との事。



なので、どんなに騒いでも、「ショコラいい声だわぁ~。ステキだね!」
とか、「うわぁ~、めっちゃいい子じゃん!」などと、車の中で褒めまくり
身体を触りまくり、頭を撫でまくりました。(*´∀`*)



すると、いつもより騒ぐ時間が激減したのです!
病院に着く頃には、とても穏やかな状態になっていました。



術前の説明は、本の著者であり、執刀医の上地先生が行って
下さいました。
初めてお会いするので、ちょっと緊張しましたが、
先生の本のおかげで、ショコラを落ち着かせて病院まで来る事が
出来た感謝と、後は全てお任せしますとだけ伝えました。



そして、午後2時から手術が開始される前、少しだけ会わせて
くれたので、写真をパチリ

 麻酔の前に、事前に薬を飲んでいたけど、めっちゃ元気!


 身体は半分、剃られてツルツル~。(^。^;)
 足は、血管確保のため、針が刺さった状態です。



そして、いよいよこの時間がやって来ました。

  奥の扉の先が手術室です。ショコラ、行ってらっしゃい!!



ここから先は、全て先生にお任せするしかないので、
家族は終了予定時間の1時間ぐらいまでに戻れば、後はどこへ
行ってても構いません。



ショコラの手術予定時間は、PM2時~5時と言われていたので、
病院を出て、食事をしたり色々時間を潰しました(^^ゞ
そして4時頃、病院に戻り待合室で座っていたら、
4時半に上地先生が待合室に来られて、手術が無事終了したと
報告して下さいました。



手術はとても順調に進み、30分も早く終わりました。と言われた後、
手術室に案内され、まずは、ショコラの心臓の様子を説明して下さいました。



ショコラの僧帽弁は、細い筋1本だけでかろうじて止まっていた状態。
後の筋は、全て根元から切れていたそうです。
もし最後の1本が切れたら、もっと大変な事になっていました。と言われた
時は、本当にギリギリのタイミングだったんだと、改めて感謝しました。



その後は、最後の縫合の様子をモニターで観察しながら、
心電図モニターの状況説明や、心拍数、血圧などの説明を
一つ一つして下さり、術中に下げていた体温が元に戻り始めているので、
いつ麻酔を覚ましても良い状態ですよ
そして、すぐに面会もして頂けますとの事。



なので、家で待っていた、次男とマロンを急いで迎えに行き、
19時少し前に病院に到着。
面会させて頂きながら、主治医の先生からも説明を受けました。
でも、酸素室に入っていたショコラの様子があまりにも異常だったので
今となっては、あまり覚えてません…(-_-;)



だって、めっちゃ大きな手術をしたのに、
なぜかお座りしていたんですよΣ(゚д゚lll)



先生に、何でこの子は座っているのでしょう?と思わず聞いて
しまったぐらいの驚きでした。
先生も、普通は寝てくれるんですけどね…って笑ってました



その後は、ボーッとした顔で、酸素室内をグルグル歩き回り
最終的にはコテッと寝てくれました。



 たくさんの管が付いています


 舌が出たまま、引っ込みません(;´Д`)


この日は、1分でも早く寝て欲しかったので、この写真を最後に
家に帰りました。
この後は、一晩中、身体の状態を管理して下さるので安心です。


 お姉ちゃん、早く元気になって一緒に遊ぼうね!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。