チワワ2匹に病が3つ

ロングコートチワワのショコラとマロン

2匹で3つの大きな病と闘う日々を綴ります

ショコラ 新たなる闘病

かなり久しぶりの更新ですね(^^;




今年に入って、ショコラもマロンも体調が思わしくない日々が
続いてます( ̄O ̄;)




特に、ショコラは、初期の腎不全かも知れないと言われるほど、
高数値の尿タンパクが出ていたり、腎結石が見つかり、
そのカケラがオシッコに出ているなど、毎週のように
尿検査とエコー検査を受け続けていました。




2月10日もいつものように、尿検査とエコー検査を受けたところ、
先生が、偶然、腸に張り付くように映る何かを発見!
すぐに1度目の細胞診…でも何も取れず...




もしかしたら脂肪腫かも知れないと言われ、
今後、大きくならないか見ていく事になりました




翌週の2月16日に2度目の細胞診を行うと、
うまく細胞が取れたので専門機関に出す事になり、
大体10日後ぐらいに結果がわかると言われました。




2月25日に尿検査に行った時、先生の顔がちょっと曇って見えたので
「もしかして、悪い結果ですか?」と尋ねてみると




「そうですね…悪性です…」と言われました💧💧




そこから詳しく説明を聞いてみると、それが単体腫瘍なら腸切除で済む
可能性が高く、もしそうなら術後の経過も良いと思われる事




でも、もし、血管に巻き付いていたり、他の臓器に癒着していたら
大学病院で手術を行い、腫瘍が取りきれなければ抗ガン剤治療を行う事




手術をせずに、このまま放っておくと、大きさから言って短期間で
腸壁を破り、腸の中身が身体の中に飛び出てしまう...
それが一番イヤなんです。と言われました(´;ω;`)




なので、手術は絶対にやってあげた方が良いし、それも出来るだけ
早くした方が良いとのこと




どこで手術になるのか決めるには、CTで腫瘍の状態を
見てみないとわからないので、急いでCT検査を受けるよう言われ、
予約を取ってもらい帰宅




ただし、心臓手術の時と同じく、家族に一人でも反対する人がいたら
辞めた方が良いと言われた事もあり、帰宅後、子供達に相談




すると、次男から思わぬ反応…




年齢的な事、何もしなければ今、すごく元気なのに、
手術を受ける事で、その元気が無くなってしまうのでは?等々
色々考えたみたい…
「耐えられるなら受けさせてあげたいけど、CT検査の結果などが
出揃ってからきちんと考えたい」と...




そこで、CT検査の前に受けておかなければいけない事前検査の日
レントゲンと血液検査を受けた際、もう一度、手術を受けない
場合のリスクを聞いてみました




やはり、前回同様、腫瘍が腸壁を必ず破ってしまうであろう事
それが起きたら、もう手の施しようがなくなる事
そこを強調されて帰って来ました




改めて現実を突きつけられた感じがしましたね…
CTの結果がどうであれ、ショコラが助かるには
手術しかないって事を...(´;ω;`)




そして3月1日
13時に、世田谷にある指定された機関での検査となる為、
帰りが遅くなると思い、朝早くマロンを母に預ける為、出発




全身麻酔で行うから、ショコラは前日の夜ご飯以降絶食、
当日は朝8時以降、飲み水も禁止




空腹だし喉も乾いてるだろうに、車の中で散々暴れ
検査場へ出かける頃にはおとなしくなっていました💦




電車で桜新町へ向かい、そこから徒歩で向かいましたが、
何せめっちゃ気温が高くて、強風の日だったので、
死ぬほど喉が渇いてたと思います




13時少し前にカウンセリングが始まり、ずっと点滴を流すので
今、水が飲めてなくても脱水にはならない事、
検査時間、解析時間の説明、検査が全身麻酔で有る事、
造影剤を使う事、それによるアレルギーが出てしまう子がいる事
等の説明を受けました




麻酔が完全に切れるまで食事はNGと言われ、食事が出来るとしたら
夜19時以降になりますとの事
検査終了後に食べさせようとご飯を持って行ったけど、
ダメですって言われちゃいました( ̄▽ ̄;)




説明が終わり私だけ一旦外に出て、近くで時間を潰すこと約4時間
再び訪れると、先生から検査の報告がありました




「単体の腫瘍だったので、腸切除術だけで済みます
ただ、2ミリ以下の腫瘍はCTに映らないので、
転移が無いとは言い切れないです…が、見た限り、
転移は無いと思いますよ」




うわぁーん💧💧マジか!良かったーー(((o(*゚▽゚*)o)))




子供達に伝えると納得してくれたので、かかりつけの病院に行った際、
手術日を決めてきました




3月11日 夕方入院
3月12日 午後から手術です




今回の手術に合わせて、クッシングの検査もしましたが、
数値は異常に高いものの、皮膚や多飲多尿の症状が無い為
またもやグレーでした




クッシングの影響があると、うまく腸同士がくっ付かない事が
あると言われてしまい、術後3日までどうなるかわからないけど、
ショコラの生命力を信じて…
どうか手術が成功しますように…


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。